エコドライブ編

出典: エコモチFAQ

目次

エコドライブ編

自動車運転時の省エネ方法について

アイドリングを減らす

ファイル:DRIVE002.jpg
ムダなアイドリングをやめましょう。

10分間のアイドリング(ニュートラルレンジ、エアコンOFFの場合)で、130cc程度の燃料を浪費します。待ち合わせや荷物の積み下ろしのための駐停車の際にはアイドリングを止めましょう。


急発進、急加速をしない

ファイル:DRIVE001.jpg
やさしい発進・加速をこころがけましょう。

普通の発進より少し緩やかに発進する(最初の5秒で時速20キロが目安です)だけで11%程度燃費が改善します。やさしいアクセル操作は安全運転にもつながります。時間に余裕を持って、ゆったりした気分で運転しましょう。


無駄な積み荷を降ろす

ファイル:DRIVE003.jpg
不要な荷物を積まないようにこころがけましょう。

100kgの不要な荷物を載せて走ると、3%程度燃費が悪化します。車の燃費は荷物の重さに敏感です。運ぶ必要のない荷物は、車から下ろしましょう。


タイヤの空気圧を適正にする

ファイル:DRIVE005.jpg
タイヤの空気圧を適正に保つよう、点検・整備しましょう。

タイヤの空気圧が適正値より50kPa(0.5kg/c㎡)不足した場合、市街地で2%程度、郊外で4%程度、それぞれ燃費が悪化します。また、安全運転のためにも定期的な点検は必要です。